京つう

  日記/くらし/一般  |  上京区

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
お 富 
ニックネームはお富さんです。戦後生まれの団塊の世代で、職人の町、西陣で生まれ、学校卒業後、三代目として家業を継ぐ。ものづくりの得意な職人が、集大成として、西陣織を使った和工芸品の創作販売サイトを作ったり、町づくりをしています。

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by 京つう運営事務局 at

2011年06月29日

臨時講師、本日最終日

一昨年前から、華頂女子高校にて、西陣織に付いての臨時講師を仰せつかり、三年契約の授業が
本日をもって、終わりました。
 光陰矢のごとしで、三年間早く経ち、年度毎の生徒さんのキャラクターも色々とあり、
若い人との接し方に大変苦労しました。
 一昨年は大人数で、二クラスを持ち、昨年は9人、今年は7人の生徒さんを受け持ち、
和風(特に西陣織)に興味を持って頂くように、講義をしましたが、皆さんはどうだったでしょうね。

 今年は、少数で、織体験も十二分にして貰い、ストラップ作り、がま口作り、絽の暖簾作り等の
アイテムを用意し、和気藹藹とした雰囲気の中で、日々が経ちました。
 特に、最後の今日は、安心感と安堵感、接し方に慣れたのか、良き授業になりました。

本日、今までの授業風景をアップしておきます。
 コメント等が御座いましたら、宜しくね!!!

西陣織会館での風景


三年間お世話になった藤原さんの手織り風景


課外実習で快く引き受けて頂いた岡本さんの染屋風景


本日最後の授業風景。右には、暖簾づくり、机には、織体験で作ったマフラーが置いてあります。


最後に生徒さんと記念撮影


お断り・・・全て、生徒さんは個人情報の関係から、画像処理を施しています。

 学校関係者の皆様へ・・授業の一環で、西陣織に関しての授業をお考えされている
                場合は、お問い合せ下さいませ。


今週の日曜日には、宇多野ユースホステルにて、がま口作り体験をします。
 偶然ですが、華頂大学の新入生の歓迎会の一環で、38名の方に
教える事となりました。大人数でどうなるのか心配です。  

Posted by お 富  at 20:59Comments(0)臨時講師

2011年06月24日

本日も、宇多野ユースでがま口体験

本日、23日に6時予約で、がま口作り体験を行う為に、5時過ぎに行って来ました。
御予約の方の為に準備をしているとアメリカから来られた大学生の方達が、見て頂いて、
3人の方が、体験させて下さいとの事で、御予約の方より早く、体験されました。
 作業の途中で、御予約の方達が来られて、和気藹藹と体験を楽しまれたようで、
私としても、楽しい一時を過ごさせて頂きました。
 御予約の方も、日本の方ですが、アメリカのカリフォルニアにお住まいで、
日本に子供さんを連れて、遊びに来られているようで、昨日は、染体験をされ、
今日は、アメリカにはないがま口を作って、楽しい思いをされたように思います。

 全て手作りのオリジナルのがま口ですので、世界に一個という言葉も伝えました。

7月の3日には、ユースにて京都の大学の新入生歓迎の会が合って、がま口体験の予約が入っています。
20名以上と言う事で、今から、心配です。

アメリカの学生さんの体験風景
  

Posted by お 富  at 01:24Comments(0)西陣織

2011年06月05日

宇多野ユースのスプリングフェスタ出展

本日、梅雨の一休みの晴天の中、宇多野ユースホステルのスプリングフェスタに参加させて頂きました。
当店の西陣織和工芸品の販売とがま口作りの体験を食堂前の広い一等席を確保して頂きましたが、
商売的には、駄目でしたが、若い人との繋がり等、人と人のコミニケーションで、お金に換えられない
経験をさせて頂きました。本当に、有意義な一時を体験して来ました。
 でも、外は暑かったで~す。

この催しは地域の方との繋がりを目的としたもので、親子連れの方が多く、学生さんや若い人のスタッフに
よる企画が中庭などで催され、特に子供さんが楽しくされているのが印象的でした。

 各スタッフの皆さん御苦労さまでした。

その時の画像をアップしました。

玄関前


当店の展示風景


中庭の風景(巨大迷路等)


ユースでのがま口体験の予約が入っており、頑張りま~す。  

Posted by お 富  at 01:03Comments(0)西陣アラカルト