京つう

  日記/くらし/一般  |  上京区

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
お 富 
ニックネームはお富さんです。戦後生まれの団塊の世代で、職人の町、西陣で生まれ、学校卒業後、三代目として家業を継ぐ。ものづくりの得意な職人が、集大成として、西陣織を使った和工芸品の創作販売サイトを作ったり、町づくりをしています。

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by 京つう運営事務局 at

2009年11月26日

もみじの色付きが最高潮

当店の前のもみじが、紅に染まり、今が一番綺麗です。
3年前に買った小さな植木鉢のもみじが、昨秋も綺麗だったけれども、
今年は、どうかなと心配していたが、ここ数日寒暖差があり、
思ったより、綺麗に輝いています。

紅葉狩りを連休に行きましたが、今年はどこも、色づき加減が、余り
ぱっとしないと感じていました。黄色から黒ずんだ赤に変わってしまい、
オレンジ色の鮮やかさかの時がないように感じました。

  

Posted by お 富  at 16:28Comments(0)西陣アラカルト

2009年11月10日

フィリピンの織物指導の旅日記 5日目 帰国日

旅日記も最終日になりました。
今日は、ピーニャの歴史を見るのと、現代のピーニャの製品を見に博物館と美術館へ行く事になっています。
朝食の前に、近辺を散歩に30分程出かけましたが、大邸宅が立ち並び、住宅街に入る前に、チェックを受けた
従業員の方々の出勤風景が見られました。
 道路は通勤ラッシュもなく、到る所に「HUMP」の看板があり、道路に起伏が付けてあり、スピードが
出ないようになっているようです。
 家に戻ると、先生が、プールでひと泳ぎの最中、「泳ぎませんか」の声掛けがありましたが、朝食の
用意が整っているようで、一寸一服後、「ブレークファーストタイム」

 朝食後、帰国の準備で、土産などをスーツケースに押し込んで、従業員の方の運転で、町中へ。
住宅街を出るチェックの所までは、順調でしたが、出たら、到る所ラッシュアワー。
 信号で止まると、物売りの若者が車に寄ってくる。売る物は、チリトリのようだった。

20分程走って、ピーニャの歴史を勉強するために「AYA MUSEUM」に到着すると
開館まで、少し早く着き、入口には、地元の小学生が、フィリピンの歴史を勉強に
来ているようで、入るまで一寸、大変でした。
 中は、階によって、催しが違っていて、ピーニャの階にエレベーターで向かい、
19世紀に造られたバロンダガログ(ピーニャで織った布をカッターシャツに仕上げた物)を
見て、良く、織れな物だなあと感心するばかりでした。織物に携わる者にとっては、
かなりのプラスになり、行って良かったと思っています。

 そこを後にし、現代のピーニャ製品の展示してある美術館に行き、短時間で見学し、
マニラ空港まで、直行し、出国手続きをして、帰国の途につきました。
タイムスケジュールがかなりハードで、あっという間に5日間が過ぎ、織物の指導もして来たし、
勉強もして来て、有意義なフィリピンの旅でした。
 これからも、フィリピンでの織物指導はしていこうと思っていますし、アジア諸国には、
色々な織物があり、織物指導や、勉強をしていきたいと思っています。

散歩の途中の住宅街の風景


泊らせて頂いたお宅のプールサイド


「HUMP」の看板


「AYA MUSEUM」


「AYA MUSEUM」前の小学生の団体



これで、フィリピンの織物指導の旅日記はお開きとなります。
  

Posted by お 富  at 22:46Comments(0)フィリピン織物指導

2009年11月03日

水尾へゆずを・・・・

 本日、朝は寒かったけれど、昼頃には、太陽が戻り、毎年行っている水尾まで、
ゆずを買いに行ってきました。毎年、11月の下旬から12月の初旬の間に、
水尾まで行くのですが、今年は、ちょっと早い目に行きすぎて、何時ものの御店が
開いておらず、うろうろしている時に、籠を下げたご主人と出くわし、色々と
聞きながら、売って頂く所を聞くと、「ちょっと待ってね」と親切に聞きに行って頂いて、
OKのご返事で、一緒に民宿(泊る所ではなく、ゆず風呂に入って水だきを頂くのみの
御宿。泊まれません。)へ連れて頂いて、そこのおばあちゃんを紹介して貰いました。
 そこは、ゆず風呂と水だきの御客様用に、たまたま、ゆずを朝に取った所だったので、
分けて頂く事となったようです。ラッキー!!!!
 そして、色々とお話を聞くと、毎年、11月15日から、ゆずを取ると事。
ほんまにラッキーの一言。

 小一時間程、お邪魔し、初対面なのに、ゆず茶をよばれたり、取れたての
みかんを頂いたり、そして、色々な事を聞いたりして、こういう風景が町には、
最近無くなって来たなあと感じました。
 本当に、おばあちゃん、有難う御座いました。
お店(民宿)の名前は、柚子庵 六兵衛 です。
これから、シーズンに入りますので、行ってみては如何でしょうか。

元気なおばあちゃん。背中には、冷えを防ぐために座布団のような物を背負って。


ゆずの香りが届いてきませんか。
  

Posted by お 富  at 23:32Comments(0)西陣アラカルト