京つう

  日記/くらし/一般  |  上京区

新規登録ログインヘルプ


QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
お 富 
ニックネームはお富さんです。戦後生まれの団塊の世代で、職人の町、西陣で生まれ、学校卒業後、三代目として家業を継ぐ。ものづくりの得意な職人が、集大成として、西陣織を使った和工芸品の創作販売サイトを作ったり、町づくりをしています。

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by 京つう運営事務局 at

2010年11月08日

宮沢賢治の「雨にもまけず」の京都弁バージョンの取材

本日、予てからの依頼の宮沢賢治の「雨にもマケズ」の京都弁バージョンの取材に、
宮城県の東日本放送の取材クルーの方達が朝から約2時間の取材撮影がありました。

宮沢賢治の「雨にもマケズ」の京都弁バージョンとは、昨年秋に京都の立命館小学校より
全国姉妹校での発表会に宮沢賢治の「雨にもマケズ」を京都弁バージョンに
変換出来ますかとの依頼で、約1ヶ月を掛けて何とか変換し、音声も吹き込み
どうにか発表会には間に合いました。
 私は言語学者でもなく、数十年西陣で暮らした中での優しい言葉である京都弁を思い出しながら、
宮沢賢治の気持ちを大切にして、変換しました。
 固有名詞等は、変換部分は少なく、修飾語や語尾での変換が多く、大変苦労しました。

この宮沢賢治の「雨にもマケズ」の京都弁バージョンの事を、京都弁のサイトに載せていた所、
宮城県の東日本放送の「週刊ことばマガジン」のスタッフの目に止まり、取材の依頼となりました。

 この放映は関西・京都ではされませんが、青森・秋田・岩手・山形・宮城・新潟・福島の各局で
放映されますので、受信可能の方は是非・ご覧下さいませ。

12月11日(土)・12日(土)の2週に亘って放送されます。
  緊張しました私が映っています。

見られた方は、是非、コメントに書き込んで頂けたら、幸いです。

撮影風景です。
  

Posted by お 富  at 01:27Comments(0)京都弁

2008年09月30日

第4回プチ京都弁講習会と墨苑会

第4回プチ京都弁講習会となりましたが、当方のミスで、今まで非公開となっており、今回が初公開となりました。
これからも、宜しゅうおたの申します。

ほかす・・・・・捨てる
ややこ・・・・・赤ん坊
やらこい・・・・柔らかい

墨苑会について。
去る28日に妙蓮寺にて、墨苑会の習字発表会がありました。小さい子供さんから大人までの作品が並び、大勢の方が、
見に来ておられ、3時より優秀作品の表彰があり、入賞の方々の笑顔が印象的でした。
  

Posted by お 富  at 14:07Comments(0)京都弁

2008年09月21日

第三回プチ京都弁講習会と諸々

第三回プチ京都弁講習会を開きます。(これを覚えておけば大丈夫)

すこい・・・・ずるい
そーろと・・・ゆっくりと
でぼちん・・・でこ・額
べっぴん・・・美人
ぺちゃこい・・平たい

次回、楽しみに。

 今朝、京都では、朝から雷が鳴り、停電し、古いから仕方がないのですが、当ホーム電話がダウンして、回線は生きているのですが、ホーム電話の役割を果たしていません。修理に来て貰って、親機が修理不可能との事。愕然としました。
 雷が原因だから、不満の持って行き所がなく・・・・・・  でも、今日は大安やのになあ?  

Posted by お 富  at 22:51Comments(0)京都弁

2008年09月21日

プチ京都弁講習会2

第二回プチ京都弁講習会を開きます。(これを覚えておけば大丈夫)

おまつとうーさん・・・・お待ちどうさま
かんにん・・・・・・・・・・ごめん
ぎょーさん・・・・・・・・・沢山
さがる・・・・・・・・・・・・南へ行く
しょーもない・・・・・・・つまらない
しんきくさい・・・・・・・・じれったい・もどかしい

本日、これまで。次回お楽しみに
  

Posted by お 富  at 02:05Comments(0)京都弁

2008年09月20日

プチ京都弁講習会1

本日、第一回プチ京都弁講習会を開きます。(これを覚えておけば大丈夫)

あがる・・・・・北へ行く
さがる・・・・・南へ行く
あじない・・・美味しくない
おおきに・・・ありがとう
おぶう・・・・・お茶

本日はこれまで。次回をお楽しみに。  

Posted by お 富  at 00:33Comments(0)京都弁